五十六商事トップ

HT-1 ダイカスト用高熱伝導合金


この合金は弊社にてお取り扱い中です。

左上にある「お問い合わせ」より、何なりと御相談下さい。

 

<特徴>



・今までのアルミ合金では得られなかった高熱伝導(130~170W/(m・℃))が得られます。

・熱処理をするとさらに熱伝導度が高くなります。

・Si量が12~14%であるため、ダイカスト用合金の中では最高の流動性を持ち、肉厚の薄い部分にも湯が回ります。

・Fe量が0.5~1.0%であるため、焼き付きにくい。

・鋳造性が良く、製品歩留が良くなります。



 



 

HT-1の技術資料




(1)組成、流動性、焼き付き






・Siについては、流動性向上の効果。下図に示すように他のダイカスト合金よりも流動性が良い。

・Feについては、焼き付き防止効果。

・他の不純物成分については、低含有量で熱伝導度向上の効果。



 

(2)物理的性質






↑クリックで拡大

 

・表の熱伝導度の値は、金型に重力鋳造した試験片の値。

・ダイカスト実体より切り出した試験の熱伝導度測定結果は、130~170w/m・k。

・熱伝導度が高いと同時に導電率も高い。

・液相線温度は、ADC-12と同程度で、鋳造温度もADC-12と同程度でダイカスト可能(ただし、形状、鋳造法案の影響も大)

 

(3)焼鈍温度の影響




・HT-1のダイカスト品を焼鈍すると熱伝導度が増加します。

・F材で約140w/m・Kのダイカスト品を6時間の焼鈍すると、下図のように焼鈍温度が高いほど熱伝導度が増加します。ブリスターが生じない程度に焼鈍温度を上げて下さい。

 



↑クリックで拡大

 

(4)機械的性質




・JIS舟金型に重力鋳造した機械的性質です。HT-1とADC-12の比較を下記の表1に示します。

・引っ張り強さ、0.2%耐力は、ADC-12と比較して低いが、筐体、ヒートシンクに用いるには十分な強度を確保。

・ダイカスト実体から切り出した引っ張り実験の結果を表2に示す。



↑クリックで拡大

 



 

(5)耐食性




・5%食塩水を30日間噴霧した結果を下表に示す。

・ダイカスト合金としては、耐食性は良好。(ADC-5やADC-6は、鋳造性困難なため、特殊な用途に限られています。)

 



 

(6)アルマイト性




・アルマイト可能ですが、茶褐色に仕上がります。

 

(7)ダイカストするときの注意点




・不純物量が多くなると熱伝導率が低下します。他の材料と混ざらないようにする。

・鋳造欠陥が多いと熱伝導が低下します。エアーの巻き込み等を少なくする。

※この合金は大紀アルミニウム工業所製です



‐営 業 品 目‐

亜鉛合金地金
アルミ合金地金
ダイカストマシン
自動化装置
自動配湯装置
加工機械・工作機械
アルミ溶解保持炉
亜鉛電磁誘導炉
オーバーホール
金型洗浄剤
金型防錆剤
グースネック
グースネックポット
スリーブ・チップ
ピストンリング
フラックス・離型剤

株式会社 五十六商事

神奈川県茅ケ崎市
浜竹1-14-15
TEL : 0467-82-8000
FAX : 0467-58-1371